佐賀県武雄市

*参考資料 『日本城郭体系』

*参考サイト 城郭放浪記

住吉城(武雄市山内町宮野)

*鳥瞰図の作成に際しては、現地案内板および木島孝之氏の図を参考にした。

 住吉地区には黒髪山があり、登山客が多いのか、あちこちに登山道の案内が出ている。住吉城の入口は、この登山道の途中の比高30mほどの丘陵部に築かれているので、まずはこの登山道の表示の通りに進んでいくのが良いであろう。登山道にしたがって進んでいくと、道は登りになって山中に分け入って行き、その途中に、住吉城の入口表示が見られる。これが入口である。

 城址への入り口の場所はこの辺りで、車2台ほど停められるスペースがある。ちなみにレンタカーのナビにも、城址表示が出ていた。

 そこに車を停めて左側の鞍部に進んでいく。この時正面に見える台地全体が城域である。小川に架かった橋を私坂道を登っていくと、道はやがて切通し状になる。2郭の南側下の部分である。ここに案内板が設置され、階段を上ったところが2郭となっている。

 2郭は城への大手口に当たる部分で、馬出的な機能を持った郭である。この左側に土橋があって、本郭内部に進入できるようになっている。

 本郭は、1辺が100mほどの規模となっているので、かなりの面積がある。多数の建造物を配置することが可能な空間となっている。内部は二段構造となっており、南側3分の1ほどが1段低くなっている。また上の段の北東側はさらに一段高くなっており、櫓台のようになっている。ただし、櫓台にしては、ちょっと広すぎるかもしれない。北東部分に当たる位置なので、神社などを祭っていた空間である可能性もある。

 ただし、本郭は正方形ではなく、北西側の部分が欠けた五角形の形を成した郭となっている。なぜ方形にしなかったのか不思議な気がするが、地形を見てみると、地勢が傾斜しているラインに沿って堀が掘られているのが分かる。効果的に堀を設置したら自然とこの形になったといったところであろう。

 一部をのぞいて、本郭の周囲には土塁が巡らされている。特に北側の土塁の内側にはたくさんの石が転がって見られるのが印象的である。この方面の土塁の内側には石積み構造になっていたのではないだろうか。

 本郭の周囲には、深さ4m、幅6mほどの空堀が巡らされている。もともとの地形が傾斜していたようで、堀内部は北東部分に向かうにつれて地勢の高い構造となっている。

 本郭部の北側は削平されておらず、自然のままの傾斜地形となっているが、その先にも城郭構造物が見られる。北側の地勢が高くなっている部分の手前には堀が掘られている。本郭周囲の堀に比べれば、深さも浅く、鋭さも欠けているが、それでも人工的な堀であることは間違いない。堀の西側部分は地勢にしたがって高くなっており、内側にはしっかりとした土塁が積まれている。この土塁の東端辺りには「切れ」が見られ、これが北側からの虎口となっていたようである。この虎口を抜けると、4の部分で、東側の土手より一段低くなっており、東の土手上から攻撃されるような構造となっている。

 この堀の東側部分は、地形にしたがって弧を描いているが、北東部分の谷戸に接続していく。この部分は天然のままの谷であるが、深さは10mほどにもなり、自然の防御構造を成している。天然地形をうまく取り入れた構造である。

 中心部分だけ見ると、単郭構造の城館のように見られる城であるが、周辺にも城郭構造物が配置されており、実際には3郭、あるいは4郭構造の城郭であったと見るべき城である。後藤氏の拠点となった城郭であるから、相応の規模を有していたのであろう。

 城そのものは、山に入っていったところにあるが、山麓を通る道は武雄・有田・伊万里へ通じる岐路となっており、この交通の要衝を押さえるという機能も有していたと考えられる。










東側から遠望した住吉城。背後にそびえているのが黒髪山で、黒髪山への登山道の途中に城内入り口がある。 2の郭への入口。
1郭南側の堀。 1郭南側の虎口。1郭は2段構造になっている。
1郭西側の堀。 1郭北側の土塁には石が転がっており、かつて石垣造りであったことを思わせる。
1郭北側の堀。 3の郭北側の堀。天然の鞍部を利用したものである。
Aの虎口。 その虎口のさらに西側に延びた土塁と堀。
1郭堀の北東角部分。 1郭東側の堀に設置された土橋。
1郭東側の堀。 3郭北側部分は天然の堀切ともいうべき谷戸になっている。
 住吉城の築城時期ははっきりしていないが、近世の記録である『藤山考略』によると、当地の地頭となった後藤氏の3代目に当たる助明が、黒髪山の大蛇を退治した後に、この地に城を築いたという。そのため、黒髪山城とも呼ばれていた。

 戦国期に至るまで、後藤氏は代々この城を居城としていた。天正14年(1586)、竜造寺氏隆信の4男家信が後藤家に養子に入り、実質的に竜造寺氏に服属することとなる。

 慶長4年(1599)、城が出火により焼失してしまい、その後の後藤氏は、市街地に拠点を移すため武雄城を築いて移ることになる。




武雄城(塚崎城・武雄市武雄町武雄)

*鳥瞰図の作成に際しては、木島孝之氏作成の復元図を参考にした。

 県立武雄高校が武雄城の跡である。しかし、学校の建設や宅地の造成によって地形が改変されており、遺構そのものはほぼ湮滅してしまったようである。そんなわけで、上記の復元図を基にして旧状を想像して描いた鳥瞰図が右のものである。

 武雄城は、御船山という非常に目立った山を天然の城壁として利用し、御船山の北側山麓に築かれていた。御船山はかなり遠くからでも目立って見える山であるので、この山を目指していけば、城のある位置はだいたい把握することができる。

 かつての本丸跡と思われる個所に小さな一角が残されており、そこに「塚崎城跡」という碑が残されていた。この場所である。住宅街を一番上まで登りつめていくと、上の平場に上る石段がある。この石段を上がったところが城址碑のある小区画となっている。

 城の遺構として訪れることができるのは、この場所くらいなものである。その先は武雄高校の校舎やグランドになっており、遺構は消滅してしまっているようである。ただし、武雄高校は高台の上にあるので、地形そのものは何となく理解できる。

 武雄高校の側面部の土手も、かつての城塁の様子を残しているように見える。しかし、現地の方に伺ったところ、「昔はもっとなだらかだった」とのことであった。「もともとなだらかな地形を、戦後に住宅地を造成するために自衛隊が来て、削り取ってしまったんだよ。だから現在のラインがもともとの城の崖を残しているわけではない。古い話だから、もうその前の地形を知っている人はほとんどいないよ」という貴重なお話を伺うことができた。

 というわけで、本来の城塁はそれほど高いものではなかったのだろうと推測する。しかし、削られたとはいえ、団地に面する北側のラインは、復元図とも一致しており、旧状の様子をある程度は残しているのだと考えられる。

 城はひな壇状に、本丸、二ノ丸、三ノ丸を配置し、その下の平野部分に堀に囲まれた「御屋敷」があった。ここが城主の居館だったと思われる個所である。それ以外にも掘割が巡らされており、これらによって区画された城下町が存在していた。

 『城郭体系』には石垣と西の石門の写真が掲載されているのだが、これが現在も残っているのかどうか、確認できなかった。









東側から遠望する御船山。とにかく目立っている山で、この山麓に武雄城は築かれている。この山を天然の城塁に利用したものである。 北側の端辺りに建てられている塚崎城跡の碑。
武雄高校の土手は城塁に見えるのだが、かなり改変されているらしい。
 武雄城は、住吉城が焼失してしまった後、後藤家信の嫡男茂綱が移り住んできた城郭である。ただし、その前からこの地には城館が存在していたらしく、新城を築いたというよりは、改修したのだと思われる。

 茂綱は、慶長5年に竜造寺政家から竜造寺姓を賜り、竜造寺氏を名乗るようになる。しかし、鍋島直茂が肥前の国主となると、鍋島氏の家臣となり、後に鍋島姓を賜ることとなる。

 その後、元和の一国一城令によって、武雄城は廃城となった。。





































大竹屋旅館