佐賀県佐賀市

*参考資料 『日本城郭体系』

*参考サイト 城郭放浪記

蓮池城(小曲城・佐賀市蓮池町蓮池6-152蓮池神社)

 蓮池町にある蓮池神社が蓮池城の跡であるという。神社の周囲には水堀の名残と思われる水路があり、また、すぐ南側には佐賀江川が流れている。こちらはなかなか大きな川であり、かなり防御性は高い。北側や東側にも川は流れており、平城ながら、天然の要害地形であったことが分かる。

 神社内部には築山や池の跡などもあり、かつての庭園の名残も見られ、御殿が存在していたことが推測できる。

 城内の中心には神社が鎮座しているのだが、この神社、すっかりボロボロになっていて、いつ崩壊してもおかしくないような状況になっている。そのため、近づけないように柵で囲まれていた。こんな町中にある神社なのに、荒れ果ててしまっているというのは珍しいが、近年の台風か何かで破損してしまったのだろうか。

 以上のような状況からすると、蓮池城は、単郭方形の居館であったのではないかと想像できる。

 ところが 『城郭体系』の記述を見てみると、実態はそう単純なものではなかったようである。

 蓮池城の古い絵図を見ると、現在の神社境内に隣接する東南側に城の中心部があったようで、佐賀江川が合流する地点を利用した城郭であったようだ。また、佐賀江川もかつては屈曲しており西側から東側に折れていたという。となると、現在よりもさらに川の織り成す要害性は高かったと思われる。東南の先端部分と、現在の神社部分、さらには神社の北側に併設した郭を有する福郭構造の城郭であったようである。


 蓮池城の城主は常陸から来た小田氏である、という記述を読んで、なんとも懐かしいような気分になってしまった。常陸の城郭は散々回っていたので、小田城を始めとして小田氏に関連する史跡はずいぶんと訪れている。常陸からはるかに離れたこの肥前の地に小田氏の関連遺跡があるとは、まったく意外なことであった。

 常陸にいた小田氏の一族である小田直光は、室町時代中期の応永34年頃に蓮池にやってきたという。

 その後の小田氏は少弐氏に属していたようで、永享6年(1434)、横岳頼房が少弐氏の勢力挽回を図って挙兵した際に、これに参加し、幕府探題の渋川満直と戦っている。

 また、嘉吉元年(1441)、長門の大内教弘が肥前に攻め寄せた際には大内勢と戦っている。その後は、大内氏に属していた小城の千葉胤勝と戦っているのだが、ここで千葉氏の名前が出てくるというのにも親しみを感じる。小田氏対千葉氏など、まさに関東の勢力争いの構図を彷彿とさせるものがある。

 戦国時代になると、大内氏と竜造寺氏との勢力争いが展開されるようになるが、小田氏は少弐氏に所属して、大内氏の勢力と抗争を展開する。竜造寺氏が少弐氏と対立すると、天文14年には水ケ江城、天文20年には村中城(佐賀城)を攻撃して、攻め落として城番を務めたという。しかし、天文22年、竜造寺隆信は、村中城を攻撃して奪還、そのまま蓮池城に攻め寄せた。この時に小田政光は、隆信に降伏した。

 その後は竜造寺氏に従い、少弐冬直を擁していた江上氏の勢福寺城の攻撃を命ぜられて出陣した。しかし、江上氏の反撃にあい、戦死する。この際に政光は、隆信に援軍を要請したが、隆信は支援することなく見殺しにしたという。かつて敵対した小田氏を、機会があれば滅ぼしてしまおうと思っていたようである。隆信はそのまま蓮池城に攻め寄せたため、蓮池城は落城し、小田氏は四散した。こういう行動を見ると、竜造寺隆信という人物は、なんとも腹黒い男であったように思われる。

 小田氏の生き残りの小田鎮光は、後に多久の梶峰城に移され、永禄11年、蓮池城には隆信の弟である長信が入城した。

 天正12年、隆信が沖田畷で戦死すると、蓮池城には鍋島直茂が入り、これ以後は鍋島氏の支配下に置かれることとなった。

神社背後にある堀跡。 南側の佐賀江川は天然の堀であった。




渕川城(佐賀市兵庫町大字渕2440)

 佐賀市兵庫町渕2440番地辺りが渕川城の中心部であったといい「屋敷」の地名が残っている。この辺りは佐賀のクリーク地形が展開する地域であり、城址周辺には水堀状の地形が複雑に展開しており、どこが城の中心であるのか分かりにくい。

 この地区の「蔵屋敷」「蔵ノ内」といった地名が残っているあたりが渕川城の中心部であったらしい。

 『城郭体系』によれば、三重の堀が巡らされ、本丸、二ノ丸、三ノ丸が存在していたという。また、「礎石・石垣が残る」ともある。堀に面した塁の下部分に石積みが見られる箇所があるが、石垣というのはこれを指しているのだと思われる。

 渕川城の城主は空閑(くが)氏であった。時代は不明だが、空閑光家という人物によって築かれ、天文年間に空閑三河守久家の居城であった。

 城址の南方に、この空閑氏の墓所があり、「廟(びゅう)」と呼ばれている。ここに案内板も設置されている。





















渕川城の水堀。 同じく水堀。





































大竹屋旅館