岡山県津山市

*参考資料 『日本城郭体系』 『戦国宇喜多一族』

*参考サイト  美作の中世山城研究会  城郭放浪記  ちえぞー城行こまい

岩屋城(津山市中北上)

*鳥瞰図の作成に際しては、『日本城郭体系』、現地案内板、美作の中世山城研究会を参考にした。

 岩屋城は、比高250mの岩屋山に築かれている。地形図を見ると登山口からの比高は250mであるはずなのだが、実際にはもっと高くそびえて見える山である。

 山麓には駐車場や案内板もあるのだが、そこまでの道は細く、運転に注意が必要である。登山道までの道はナビの地図にも載っていなかった。しかし国道からの入り口には。岩屋城入り口を示す立派な案内が立てられているので、これを目印に進んでいくようにする。

 車を置いた後、早速登山道を登り始める。最初はひたすら長い段を登って行く感じである。登っている所は谷戸部であり、その両脇にはすでに段郭が見えている。これが慈悲門寺下砦と言われる部分である。比高50mほど登った所に慈悲門寺の跡がある。ここまでが山麓の曲輪群といったところであろう。

 そこから段を比高100mほど登って行く。そこまで登ると、登城道は尾根下の脇を沿うようにして進み、山王宮との分岐点に出る。そこからまた段を登っていくとやっと大手門の所に出ることができた。ここまで登り初めからゆっくり歩いて所要30分くらいであろうか。

 大手門は谷戸部の入り口に当たる部分で、その上には水門跡がある。水門の上の部分の谷戸部はかつては水を溜められるようになっていたのだと思われる。ところが現在、ここに切り落とした木を無造作に捨ててあるので、本来の谷戸の形状が見えなくなってしまっている。

 この上には竜神池がある。谷戸部であるので、ちょうど水が溜まる位置にあるのだろう。かなりの水量があり、籠城の際の貴重な水資源となってくれるだろう。その背後には井戸という表示もあった。

 ここから西側の尾根の谷戸部を進んでいく。数日前に雪が降ったので、山の斜面にはまだ雪がけっこう残っていた。谷戸部内には腰曲輪が数段造成されており、そこから登った所が馬場である。

 かなり高い山上であるが、馬場はけっこう広いスペースに削平されている。ただし、馬場というのはいかがなものであろうか。このような高い山城にも「馬場跡」と言う表示がなされている場合がけっこうある。しかし、こんな山上に馬を持ってくることが実際に可能であったといえるだろうか。馬は山麓で飼っておけばよいのであり、籠城に必要ではなかったであろう。要するに広くて距離のある曲輪があると、後世、馬場と表示されるようになるのではないだろうか。(それとも、名馬は得がたい貴重なものであるので、敵に奪われるよりは、無理してでも山上に運び込んできたというのであろうか。)

 馬場から南西側に尾根が広がっており、ここにも段郭が展開している。そこから進んだ先の尾根には堀切が掘られており、このうちの西側部分が小分城、南側に進んだところが、石橋上砦、椿ヶ峪砦となっている。堀切はいずれもそれほど深いものではないが、城塁は急峻で、雪が積もっていると、ちょっと登れたものではない。

 再び馬場に戻って、ここから北側に進んだ最高所が本丸である。本丸は長軸50mほどあり、吹きっさらしではあるが、ここに主要な建造物がいくつか建てられていたのであろう。本丸の北側下の斜面は「落とし雪隠」と呼ばれている。この名称からすると、城内で便をする時には、ここからお尻を突き出して、そのまま崖下まで落としていたのであろう(ちょっと怖いが)。毛利氏に攻撃された際には、この急崖を毛利氏の兵がよじ登ってきて次々に城内に侵入し、これが元で落城してしまったと言われる。ちなみに、この崖を見ようと思って下を覗き込んだが、崖の様子は上からはよく見えなかった。

 案内表示にしたがって、本丸から二ノ丸の方へ降りていく。途中に堀切があり、その先が二ノ丸である。二ノ丸は細長い郭で、先端に大堀切がある。この堀切は深さ10mほどもある巨大なもので、上から全貌を撮影するのは大変な苦労であったが、後で順路に従って歩いていくと、下の竪堀とこの堀切とを下方から撮影できるポイントもしっかり案内されていた。

 二ノ丸を降りていくと、三の丸との間の鞍部に出た。ここを現在、城址管理用の道路が通っているが、もともとは堀切であったものだろう。ここから少し登っていった所が三ノ丸である。ここは地元の人に「さんのうまる」と呼ばれていることから「三ノ丸」であったと推定されている部分である。

 これで、城内の主要な郭はほとんど見て回った。帰りはここから城址管理用の道路を通って降っていくのであるが、この城の最大の見所は、この道を降りていった先にある。

 それは「てのくぼり」と呼ばれる遺構群である。「てのくぼ」とは要するに、手の甲の窪んだ筋状の部分のことであろう。見れば一目瞭然なのだが、これは畝状竪堀である。それも12本もある。岩屋山は全体が急峻な山なのであるが、この畝状竪堀のある部分だけが比較的緩やかな傾斜になっている。そのため、こちら側の斜面から登ってくる敵を迎撃しやすくするためにこのような畝状竪堀が掘られたものであろう。

 それにしてもこの竪堀、なかなかすごい。上から見てみると、はるかな遠方まで一直線に竪堀が延びているのが見える。それが12本も延々と続いているのだから、実に壮観な光景である。比較的単純な段郭を見てきて「岩屋城はそれほど面白い城ではない」と思っていた人も、最後にこの「てのくぼり」を見て、認識を一変させることであろう。

 ここからは管理用道路を通ってひたすら降りていくことになる。ブルが通るための舗装路であるが、落ち葉がたくさん積もっていて歩きにくい。しかも、斜度が急でつま先を常に踏ん張っているような姿勢になってしまうために、膝の表側が張ってしまうのであった。

 岩屋城は急峻な山城であるが、山上の遺構は予想以上に大規模なものである。それに最後に見た畝状竪堀など、なかなか他の城では見られないほどの規模のものである。登るのは大変であるが、l苦労して登るだけの価値のある城であると思う。

登城口に向かう途中の道から見えた岩屋山。比高250mだが、それよりももっと高く見える。あれを登るのかあ。 途中の道は狭いが、駐車場はわりと広い。ここから登るのが大手道であろう。
慈悲門寺跡まで、長い段の道をひたすら登り続ける。 慈悲門寺跡。下に何段もの段郭が形成されている。
そこから再び暗い山道を登っていく。 途中にある山王宮。岩をくりぬいて造られた宮である。
山道を登っていくと大手門跡に出た。谷戸部の出口に形成されたもので、この上には水門がある。 水門跡から進んでいくと竜神池の社が見えてきた。
竜神社。このような山中だが、水がしっかりと溜められている。この脇に井戸もあった。 本丸と馬場との間の谷戸部を通って進んでいく。
本丸東砦の先にある横堀。 本丸下の腰曲輪の1つには石垣が見られた。
馬場下の腰曲輪。 馬場から見る風景。高い山だけあって、景色がとてもいい。付近には各所に出城や付け城が築かれていたらしい。
馬場。初日の出を見る名所と書いてあったが、ここまでの山道を夜中に歩いて登る人がいるのだろうか。自分ならごめんこうむりたい所である。 石橋上砦との間の堀切。
椿ヶ峪砦の城塁。 小分城との間の堀切。
小分城の上の郭の城塁。つるつる滑って、直登はできなかった。 馬場から見る本丸城塁。
本丸から遠望した景色。どちらを向いても景色がいい! 本丸内部。
本丸から馬場方向を見たところ。 本丸北側の落とし雪隠。この断崖をよじ登って毛利勢が攻め込んできたという。下の断崖を覗き込むことはできなかった。
二ノ丸との間の堀切。 二ノ丸先の大堀切。深さ10mの巨大な堀切である。
三ノ丸とその先の郭。 ここからは管理道路を使って降りていった。その先には城内最大の見所である「手のくぼり」がある。要するに畝状竪堀である。
もう1本。このような畝状竪堀が12本もある。 しっかりとした竪堀が、先が見えないくらい遠くまで延びている。比較的斜面の緩やかな部分に掘られているようだ。
 岩屋城が築かれたのは嘉吉元年(1441)のことで、美作守護に任じられた山名教清によってであるといわれる。同時に教清の叔父山名忠政が鶴山城(津山城)を築き、美作支配のための両翼としたという。

 応仁の乱の際、山名教清は、山名宗全に加担するために兵を率いて京都に向かった。その後の岩屋城は山名忠政が守っていたが、やがて忠政も、援軍として上洛することになった。

 これにより留守となった岩屋城を狙ったのは、赤松氏であり、赤松氏家臣の中村五郎左衛門は美作に侵攻して岩屋城を攻め落とした。これ以降、岩屋城は赤松氏の拠点城郭の1つとなる。

 永正17年(1520)、赤松氏の武将であった浦上村宗は、赤松氏から離反し、独立を保った。そして美作に侵攻して、岩屋城を攻め落とした。村宗は家臣の中村則久を城主として入城させた。

 これに対し、赤松氏は総力を挙げて、岩屋城奪回のための合戦を起こした。包囲された岩屋城は落城の危機に瀕したが、浦上村宗の家臣宇喜田能家が援軍として駆けつけ、岩屋城を死守することに成功した。

 天文13年(1533)、勢力拡大を続けていた出雲の尼子晴久は美作に侵入して、岩屋城を包囲した。尼子の大軍に抗しきれないと悟った中村則治は、開城して尼子氏に降伏した。以後、岩屋城は、尼子氏の持ち城となる。

 岩屋城の守備としては、中村則治と尼子家臣の芦田秀家が配せられていたが、永禄11年(1567)、芦田氏は中村氏を殺害して、岩屋城を一手に奪った。しかし、同時期、備前では宇喜田直家の勢力が伸張しつつあり、天正元年(1573)、美作に侵攻した直家は岩屋城を攻め落として、ここに家臣の浜口家職を入れた。

 その頃、毛利氏の勢力も備中を越えて美作に侵入しつつあった。天正7年(1579)、毛利氏は宇喜多氏と敵対関係となり、毛利氏の大軍に攻め込まれた岩屋城はまたもや落城する。

 天正10年、毛利氏と羽柴氏との講和が成立し、美作は宇喜田領となった。しかし、岩屋城等、美作の諸城を支配していた毛利軍は退去しようとしなかった。そこで宇喜多氏は武力による接収を計画し、天正12年から、岩屋城の攻撃を始めた。攻防戦は数ヶ月に渡って続いたが、最後に足利義昭の調停があって、城は開城することになる。これによって岩屋城は再び宇喜多氏の支配に属することになった。

 ところが、天正18年、突然起きた山火事によって、岩屋城は一晩のうちに灰燼に帰してしまった。かつてのような必要性を失っていた岩屋城は、これをきっかけとして廃城となった。




矢筈城(高山城・草刈城・津山市加茂町山下矢筈山)

*リクエストに応じて、現地案内板の図を基にして作成した鳥瞰図。この城はまだ訪れていない。

 矢筈城は、因美線の美作河合駅の南側にそびえる比高400mの急峻な山上に築かれていた。

 登城口はこの河合駅の南側からと、西方山麓の千盤神社からの2か所あるとのことである。



























































大竹屋旅館