鹿児島県曽於市

*参考資料 『日本城郭体系』

*参考サイト 城郭放浪記

龍虎城(曽於市財部町北俣10859城山公園)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板の図を参考にした。

 龍虎城って、名前を聞いただけで、ものすごそうな城である。その由来はこの山が「虎が伏し、龍が翻っているような地形」をしていることから付けられたものだというが、どれだけすごい形の山だったのだろう。シラス台地が侵食されて、そのような形状になっていたということなのだろうか。

 城とは全然関係ないが、「龍虎」というと、昔やっていた「巨人の星」というアニメを思い出す。このアニメで主人公とライバルが対決するシーンになると、主人公たちの目の中から炎が噴き出し、二人が龍と虎に変貌して対峙するのであった。たかが野球で龍と虎に返信するってどういうこと?って思っていたものだったが、今でも「竜虎」というとついついそんな場面を思い出してしまうのは私だけであろうか。

 曽於市という名前も変わっている。その土地には、他地域にはあまり見られない地名というものがあったりするものだが、「曽於」なんていう、発音しづらい地名があったのだなあと、それだけで遠い土地に来たものだなあという気分になる。この地名にもなにがしかの由来があるのであろう。隣の「姶良(あいら)」というのも一度聞いたら忘れられない地名である。

 龍虎城の話に戻ろう。
 財部駅の西側にそびえて見える比高30mほどの城山公園が龍虎城の跡である。現在、城址公園となっているのは、広大な城域のほんの一角であり、現地案内板の図を見ると、はるかに西側の山稜や、東側山麓の財部小学校も城域であったようであるから、近世城郭並みの城域を持つ大規模城郭であったのである。ちなみに、財部小学校のある場所は「松尾城」であったという。鹿児島の城には「松尾城」という名称の郭が付属していることが多いが、「松尾城」というのは何か特別な意味のある郭であったのだろうか。だいたい主郭のすぐそばに位置している郭であるような気がするのだが。

 北側の県道2号線を走っていると、「城址公園入口」の大きな看板があるので、これにしたがって、南下していくと、すぐに城址公園の入口の城門が見えてくる。きちんと考証されて建てられた城門なのかどうかはっきりしないが、実に立派なもので、ここが城址公園であることを明瞭に示している。

 この城門を抜けると、道路が左右に分かれている。しかし、そのどちらを進んでも、池ノ上城手前の駐車場の所に出るようになっているので、どちらに行くのもよい。いずれにしても、城内中枢部まで車で進入することができるようになっているのである。

 東側先端の最高所が本丸である。本丸は長軸40mほどの三角形状の区画であり、ここには大きな忠魂碑が祭られていた。北側下に土塁のある一角があるが、これはかつての虎口だったのであろう。その土塁の両脇には深い竪堀が掘られていた。

 鹿児島といえば、シラス台地を加工した大胆かつ大規模な堀切を有する城が多いことでよく知られているが、今回の鹿児島城郭めぐりで最初に見たこの城の堀もとにかく大規模であった。千葉・茨城あたりの城郭とは、だいぶその規模が異なっている。

 本丸の西側に中丸があり、その間は深さ10m、幅も10mほどの堀切となっている。シラス台地を断ち切る堀切の壁面はほとんど垂直に近くなっており、とてもよじ登れたものではない、まさに要害堅固である。中丸は、地形なりに細長く三日月型の郭であり、本丸を南西側から擁護するような位置にある。

 中丸の北側には池ノ上城がある。長軸30mほどの小規模な郭であるが、その入口はしっかりとした枡形構造となっている。

 さて、現地案内板の図を見ると、この西側には二ノ丸があり、さらにいくつかの郭が存在しているようになっている。ところが現状では、それらしい区画は見られずに、中丸の西側は広いグランドとなっている。これはどうしたものだろう。

 想像するに、このグランドを造成するために二ノ丸は削平されてしまったのであろう。このグランドの先には、山稜状の地形がいくつか見えているが、その辺りは削り残された部分ということなのではないだろうか。現地案内図にあった桜丸城などが、先端の山稜部分を指しているのではないかと思われる。

 このように城域の半分以上は改変されてしまっている龍虎城ではあるが、城址公園となっている鳥瞰図の部分だけでもかなりの見ごたえがある。しかも整備されていて歩きやすい。鹿児島で最初に訪れた城としては好印象を与えてくれるものであった。

城址公園入り口に復元された城門。 池ノ上城の枡形虎口。
本丸と中丸との間の堀切。深さ、幅ともに広大なものである。間に橋が架けられている。 本丸内部に建てられている忠魂碑。
本丸と池ノ上城との間の空間。ここに車を停めておくことができる。 二ノ丸はグランドとなって削平されてしまっている。その先の台地は桜丸城か。
 龍虎城は財部六郎正信によって築かれたものだという。その後北郷氏、新納氏らの居城となったが、戦国時代には再び北郷忠相によって奪取され、北郷氏の持ち城となった。

 その後、島津領国内の配置転換によって、龍虎城には伊集院氏が入部してくることになった。伊集院忠棟は、島津氏の家老であり、豊臣政権下では、石田三成らと共同して島津両国内の検地を行うなど、豊臣家とのパイプも深い人物であった。

 慶長4年(1599)、伊集院忠棟は島津忠恒によって京都で殺害された。このような事件が起きたのは、伊集院忠棟が島津忠恒の暗殺を企てていたことが原因であった、と一般には言われている。しかし、それははっきりとした証拠のあることではないようである。想像するに、豊臣政権とパイプが太くなり、権力を握りすぎた忠棟は、島津宗家にとって、あまりにも危険な人物になってしまったからなのではないだろうか。

 忠棟が殺害された後、忠棟の子忠真は父の復讐のため、都城に立て籠もり島津家に戦いを挑んだ(庄内の乱)。この時、龍虎城には忠真の甥の甚吉が立て籠もっていたが、島津氏の攻撃にも落城することなく耐え抜いたという。島津氏は伊集院氏による乱を鎮圧することはできず、結局、徳川家康の仲介によって伊集院忠真和睦することとなった。

 翌年の関ヶ原の戦いの際、島津氏は多くの兵を京都に派遣することができなかったが、それにはこの伊集院氏を警戒していて、本国に多くの兵ととどめておく必要があったからだとも言われている。

 しかし、このように警戒される人物がいつまでも無事にいられるはずはない。慶長7年(1602)、伊集院一族は島津氏に粛清されてしまうことになる。

 その後、近世に入ってからの一国一城令によって、城は廃城となった。 




手取城(曽於市大隅町中之内4664)

*鳥瞰図の作成に際しては『図説中世城郭事典』を参考にした。

 桂集落から東側にかなり張り出した細長い山稜が手取城の跡である。城のある場所は、集落からすると、下に降りていくような場所であるが、下の蓑田川から見ると、比高70mほどの山稜となっており、そこそこの比高差はある。

 この城に到達するのは難しく、入口を探すまでには、けっこう迷ってしまった。

 城へ行くには、県道63号線から、照願寺の脇を通って進んでいけばよい。すると、作業小屋のある広場のような所に出て、その脇に城址入口の標柱を見つけることができる。ところが車のナビには、照願寺が掲載されておらず、しかもこの寺院、県道から少し奥に入った所にあるので、県道を通っていても見つけにくいのである。

 それでも位置の辺りを付けて走っていれば、入口の標柱のあるところに到達できるとは思う。入口に標柱があるからいいものの、これがなかったら、どこが城なのか検討を付けるのも難しい城である。

 というのも、上記の通り、城のある位置が目立つ城山のようなものではなく、集落からは奥に降っていくような場所にあるからである。実際、標柱のところから歩き始めると、けっこう降って行くことになるので「本当にこのルートでよいのか」と一瞬、不安になってしまったりする。結局、入口標柱の所から300mほども進んでいって、やっと最初の堀切と遭遇し、「ここでよかったのだ」と胸をなでおろすことになるのである。

 城は地形なりに造成されたもので、東側に延びる細長い山稜上に郭や堀切が展開している。最初に明確な遺構として見えてくるのは1の手前の堀切である。堀切側面部に虎口が付いており、ここから内部に進入すると、中は長軸20mほどの長方形の区画になっている。南側と東側に土塁が盛られており、その先が2の郭となっている。1と2とは土塁のみによって区画された空間となっていて、どちらの方が重要な郭であるのか判断しづらい。

 2の先にはやはり虎口があり、深さ7mほどの深い堀切が穿たれている。その先が3の郭である。3は郭といっていいのかどうか分からない。形状としては郭というよりはただの土塁といったものである。とはいえ上端幅は3mほどはあり、2の郭と4の郭とをつなぐ、連絡通路というべきものであったのかもしれない。

 3の郭先端部にもやはり深い堀切があり、その先のピークが4の郭である。ちなみにこの郭の下に城址標柱が建てられていることからすると、標柱を立てた人は4が主郭であると判断したようである。確かに4は城内で最高所にあることは間違いないが、内部は狭く、主郭というには少し物足りない感じがする。

 4の先端下には5の郭があり、そこから北側へは切り通しの通路が続いている。おそらくこの通路が山麓から登ってくる登城道となっているのではないかと思われるが、今回、下までは確認していない。

 これだけの城である。それほど規模も大きくなく、広い郭も有していないが、途中の堀切は鋭く、見事である。また、この城の特徴として、細長い城域の南側部分をずっと通路が巡っているということである。この通路は、5の郭下の山麓から城址標柱のあるところまでずっと続いている。となると、この城は、山麓から上の集落に通じるルートを押さえるためのものであったのではないかと推測することができる。

手取城の入り口。奥に白い標柱が立っている。ここから台地を降っていくのである。 最初に見えてくる1郭手前の堀切。1郭内部には土塁が配置されている。
3郭上の様子。郭というよりも土塁といった方が当たっているかもしれない。 3郭と4郭との間の堀切。鋭く切り立っている。
4郭の城塁下に城址標柱が置かれていた。 4郭南側の切通し状部分。
 手取城は室町時代初期に岩川氏によって築かれたものだという。その頃、島津氏久は相良氏との敵対関係にあり、何度か合戦が行われた。島津氏久は相良定頼と末吉国で合戦を行ったが、岩川氏らは島津氏の要請に応じず、氏久は合戦に敗れてしまう。

 それに怒った氏久は後に勢力を挽回してこの地に攻め寄せて、手取城を落城させた。城を支えきれなくなった岩川氏は佐多郷に脱出していったという。


































大竹屋旅館