香川県善通寺市

*参考資料 『日本城郭体系』 『図説中世城郭事典』 

*参考サイト  城郭放浪記

櫛梨山城(善通寺市櫛梨町404-2)

*鳥瞰図の作成に際しては『図説中世城郭事典』を参考にした。

 櫛梨神社の背後にそびえる比高90mほどの櫛梨山が櫛梨城の跡である。櫛梨神社の左手に回りこむと、「如意山遊歩道」の案内が出ている。これを進んでいけば、城址まで行くことができる。ただし、この遊歩道、城址まではしっかりとした道であるが、そこから先は猛烈なヤブである。如意山まで進んでいけるとはとても思えない。

 もう1つ気になるのは、登り始めてあちこちに「イノシシ出没注意!」の看板が出ているということだ。私が訪れた際にイノシシに出会うことはなかったが、これにもちょっと注意していた方がよいかもしれない。もっとも、ヤブの中に進入しなければ大丈夫だと思う(結局かなりヤブ漕ぎをしてしまったのだが)。




















北西側から遠望した櫛梨山。比高100mほどの山稜である。山頂部から西側にかけて尾根が続いている形態がよく分かる。 櫛梨神社から遊歩道を歩いていくとAのスペースに出る。ここには石棺の残骸のような石が転がっていた。
主要部手前にある堀切に架かる端。 堀切を側面部から見たところ。
1郭の登り口。両側は腰曲輪となって延びている。 1郭内部。微妙な段差がある。
東側下の二重堀堀切の内側の堀。ヤブがひどくてよく分からない。 二重堀切の外側の堀。左の堀よりは形態側が分かるが、ヤブだらけなのには変わりがない。
1郭東端に置かれている城址碑。





























































大竹屋旅館