香川県さぬき市

*参考資料 『日本城郭体系』 『図説中世城郭事典』 

*参考サイト  城郭放浪記

雨滝城(さぬき市大川町冨田中雨滝山)

*鳥瞰図の作成に際しては『図説中世城郭事典』を参考にした。

 さぬき市大川町冨田中にある比高200mの雨滝山が城址である。勝賀城などと同様、遠くからでも非常に目立っている山なので、どれが雨滝山なのかはすぐに分かると思う。

 城址を目指すには森林公園を目当てにしていけばよい。森林公園には駐車場があり、そこに車を停めて城に登っていくこともできるが、駐車場を越えてさらに林道を進んで行くと、かなり比高差を稼ぐことも可能である。

 林道のこの位置に登山道があり、ここから1郭までは比高60mほど。5分も歩けば最初の郭の下に出ることができる。車も付近に停めておくことができる。

 最初に先端の切岸が見えてくる。6の郭下の部分である。手持ちの図面には、ここが堀切となり、両端に竪堀が落ちているように描いてあるが、現状で確認できるのは切岸だけである。

 








































西側から遠望した雨滝山。ここからの比高は250mほど。遠くからでも目立つ山である。 林道の先端の方にある登山口。ここから登ると山頂までの比高は60mほど、すぐに6郭に到達する。
4郭入り口の虎口。 1郭の虎口。
T郭内部。祠が祭られている。 1郭下の城塁にある石垣。
2郭下にある石垣。 4郭にあった石列。何かの名残であろう。





























































大竹屋旅館