香川県丸亀市

*参考資料 『日本城郭体系』 『図説中世城郭事典』 

*参考サイト  城郭放浪記

西長尾城(丸亀市綾歌町岡田上字城山)

*鳥瞰図の作成に際しては『図説中世城郭事典』および現地案内板を参考にした。 

 レオマワールドという遊園地の南側にそびえる比高250mの城山が西長尾城の跡である。城址の真下まではちゃんとした車道が着いていて、それを歩いていけば城址まで迷わずにいけるようになっている(ただし、車止めがしてあるので、車で入っていくことはできない)。この車道の登り口はこの辺りである。すぐ脇に駐車スペースもあるので車はそこに置いておける。

 この車道、城の真下まで普通に走れる舗装路となっているのだが、どうして車両進入禁止となっているのだろうか? 別に問題なく走れる道なのにひどいじゃないの、と思ってしまったのである。後でDの郭下辺りまで来てふと思ったのだが、そこから先が未舗装で道が荒れている。無謀にもこの先に進んでしまった車はスタックしてしまうことになる。ここで動けなくなってしまった車がいたのだろうか。それにしても、そこから先に進入禁止のロープが張られていたので、そこまで入ってもいいじゃないかと思ってしまうのであった。

 結局、車道を1kmほども歩いていくことになる。 車も通れるような道だから、傾斜もそれほど急ではなく、普通にどんどん歩いていけるのであるが、「車で行けるのに、どうしてテクテク歩いていかなければならないの? 時間がもったいないじゃない」などと負のイメージを背負いながら歩いていくので、精神的には疲れる道であるかもしれない。






























北側から遠望する城山。非常にとがって目だって見える山で、ここからの比高は250mほどある。 城址への登り口。主要部真下までちゃんと舗装された車道が付いているのだが、入り口に車止めがあって進入できない。
途中にこんな看板が。マムシなんてどこにもいるものだが、改めてこういう看板を見るとテンションが下がってしまう。 やがて東屋のある所に出る。その脇から山頂への登山道があるので、ここから山道を比高50mほど登っていく。
登り始めるとやがて段郭が連続して見えてくる。写真はCの郭から切通しの虎口を見たところ。 やっと山頂まで到着した。登り口から徒歩20分くらいである。とんがった山の上だけあって眺望はよく効いている。
山頂の主郭。長軸30mほどの平場であるが、何もない。 今度はAの郭脇の道を降って南尾根を目指す。途中、こんな岩場を下っていく箇所もある。
Dの郭外側の堀切。 城址最南端の二重堀切は車道によってすっかり破壊されてしまっていた。中央左側の土饅頭のようなものが、かつての二重堀切の間の土塁の残欠である。




長尾氏館(丸亀市綾歌町上王地)

*鳥瞰図の作成に際しては『図説中世城郭事典』を参考にした。

 西長尾城の南麓にある超勝寺が、長尾氏の居間に比定されている場所である。確かにすぐ背後には城山がそびえているので、居間を構える場所としては絶好のポイントである。


























長尾氏館に比定されている超勝寺。寺院の背後に西長尾城がそびえて見えている。 寺院前面には堀の跡がある。




栗隈城(湯舟城・丸亀市綾歌町栗隈東湯舟山)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板を参考にした。

 栗隈城は、レオマワールドの東方1kmほどの位置にある比高180mほどの湯舟山に築かれていた。下のさぬき新道を走っていると、たぶんこの辺りに栗隈城の登り口を示す目立つ案内表示があるので、そこから南に入り込んでいく。

 するとすぐ目の前に勝賀山や雨滝山のような目立つ山稜がそびえて見えている。いかにも城山といった感じの山で、これが城址であるらしい。

 さらに進んで行くと、城の案内板が設置されていて、何台かの車をとめて置けるだけのスペースが確保されている。ここに車を置いて進んで池ということだろう。この先の辺りから山に入っていく道がある。これが登城道であるようだ。

 しかし、今回は時間がなかったので、登城はしていない。参考までに現地案内板の図を基にした鳥瞰図を提示しておくが、実際に自分の目で見て確認しているわけではないので、本当にこのとおりなのかどうかは分からない。

 図面の通りであるとすると、登り始めてすぐに郭が展開しているようで、山上にかけて多数の段郭が築かれているようである。次に訪れた際にはぜひ登ってみたいと思う。





























北側から遠望する湯舟山。ここからの比高は130mほどである。 案内板の先のこの右手の部分が登山道の入り口である。夏場ではちょっと厳しそうだ。























































大竹屋旅館