金砂城(金砂山城・金砂郷町上宮河内)

   

 金砂城は、佐竹氏の立て籠もり用の山城としてよく知られている。かつて源頼朝に攻められた時も佐竹氏はこの城に篭って防いだのである。(城は天嶮の要害で、さすがの頼朝も攻めあぐねたと言うが、結局、城内から裏切り者が出て、城は落城してしまったという。)

 とはいっても、基本的にはその時代の城であるから、城郭を思わせるようなはっきりとした遺構はこれといって見られない。

 やはり現地案内板にあるように、天嶮の地形そのものを城として見立てたものであり、いわゆる「城郭」とは趣を異にすると考えた方がよいのであろう。北茨城市の花園城などと同様である。ここを落ちた佐竹秀義が次に籠もったのが花園城であったといわれている。花園城にも同様に、明確な遺構は見られなかった。

 下の鳥居の所から細い道をくねくねと上がって行く。山上に上って駐車場に車を止めるとすぐ目の前に、土壇のような高台があり、そこに「金砂城跡」の案内板が建っている。それが図の1とある部分である。長軸50mほどの変形四角形の郭であり、西側下に虎口状の切通しも見られるが、これがそのまま城址であるのかどうかは疑問である。

 どちらかというと、後世、神社か何かの施設を建てるために盛られたものであるように見える。城郭の施設が置かれていた場所としては、現在の拝殿や、石段を上った所にある4の郭辺りが中心だったのではないだろうか。そして、本殿のある岩盤の上は、物見台として使用されていたであろう。

 しかし、神社下の1の郭、駐車場、杜の湯(歴史民族資料館)、などがある所は、かなりの広さがあり、地形そのものは改変を受けているにせよ、兵站地として利用できる場所であったと思われる。このように見てみると、金砂城は、かなり険しい山上にあるが、そこそこのスペースがあり、まとまった兵とともに籠城することが十分に可能な城であったということがいえると思う。

 その後、金砂城は、どうなったのであろうか。戦国期まで使用されていたとすれば、堀切や土塁など、もう少し城郭らしい遺構を残していてもよさそうなものである。やはりこの城は、鎌倉時代に天嶮の要害として用いられたが、あまりにも辺鄙な山の上であったがゆえに、その後用いられることはなくなってしまった城であったというように考えるのがよさそうである。










西側ふもとの鳥居のある所。ここから山頂まで1,5kmである。車で上まで登れるのであるが、道が細い割にはわりと対向車が来る。交差するのが大変である。  山頂にある1の郭。ここに「金砂城跡」の案内板があるが、しかし、この土壇が遺構なのかどうかもよく分からない。城はこの山全体であったであろう。
 急な石段を登って4の郭を左手に見た所。この路をまっすぐに進んだところが拝殿である。 西金砂神社の拝殿。
本殿の断崖の上からの景色。見渡す限り山、山、山である。こんな辺鄙な所では、源頼朝も攻めあぐねたはずである。  神社の本殿。岩盤の上に建っている。ここが最高所となる。物見か何かを置くのにはよい場所である。
(以前の記述)金砂山城は、佐竹氏の詰めの城である。太田城の要害性に不安のあった佐竹氏は、大軍に攻め込まれたときには、この城まで後退して立て籠もった。鎌倉時代に源頼朝に攻められたとき、南北朝時代に北朝方であった佐竹氏が南朝方の大軍に攻められたとき、さらに明応年間、山入一揆によって太田城が攻め落とされたときも、佐竹氏はこの城に立て籠もっている。特に山入一揆の際はここに3年間も籠城し、やっと体制を立て直し、大雷雨を利用して反撃に転じ、山入氏を撃退している。

 城址は西金砂神社の南側の険しい山塊にあった。写真の山の辺りだが、ちょうど11月の頃で、紅葉がきれいに山一面をおおっていた。






















大竹屋旅館