常陸太田城(舞鶴城・常陸太田市中城町)   

 常陸太田城は佐竹氏の本城としてよく知られているが、市街地化が激しく、現在ではほとんど遺構が残っていない。したがって、城の様子を復元することはほとんどできないといってよい。

 それでも、何とか想像してみたかったので、「常陸太田市史」に掲載されている近世の図や、アオ殿に現地で伺った話、「太田勝景誌」にある図などを参考にして想像してみた。しかし、ほとんどは想像の産物なので、実際にこのような城であったかどうかは分からない。

 城は、比高20mほどの南北に細長く広大な台地上に展開していた。台地がくびれて細くなっている所に堀を回して要害として取り立てたものであったらしい。城の中心に本丸があるが、これは東西に並んだ2つの郭によって構成されていた。

 どちらが主郭部にあたるのかはっきりしないが、ここは現在太田小学校の敷地となり、ここの土手がわずかに城塁らしさをとどめている。主要部全体を横堀が囲んでいたと言うことであるが、この堀も現在ではすっかり埋められてしまい、規模などもうかがいしれない。

 「太田勝景誌」には近世的な櫓も描かれているので、櫓を何基も描いてみたが、実際にこんな櫓があったものであろうか。なお、塀を塗り込め式に描いてあるが、白くしないと細かい所がつぶれて見えなくなってしまうからである。








太田小学校の西側の城塁(図の本丸1の西側)。アオ殿の指摘によると、上面が凸凹している所が何ヶ所もあるという。これは一種の連続竪堀のようなものなのであろうか。 城塁の下の腰曲輪。もともとはここが横堀の堀底であったのかもしれない。
 北郭との間の城塁。塁上にたたずむヤブレンジャー隊メンバー。 太田小学校の中にある、舞鶴城跡の碑。立派な碑であるが、玄関前にあるので、小学生がいるときには入りにくい。最近、物騒な事件が多いので、小学校内部にはむやみに入れないのである。
(以前の記述)太田城は舞鶴城とも呼ばれ、戦国時代の佐竹氏の居城として有名である。常陸太田市の中心部を為す比高20mほどの台地上に複数の郭を配置した城であった。現在は宅地化が進んでおり、遺構などは見ることができない。しかし、内堀町、中城町、馬場町といった地名がかつての城域を伝えている。「太田景勝誌」の絵によると土塁上に櫓や塀が連なっている様子が見て取れる。ただし要害性についてはいまいちだったらしく、大軍を迎え撃つときには北方の金砂山城に佐竹氏は立て籠もっている。

 写真の城址碑は太田小学校の敷地内にあるものだが、本丸は実際にはさらにその南側の部分にあったらしい。





















大竹屋旅館